社会福祉法人 博愛舎について

人は平等であり、共生していくもの

社会福祉法人北海道博愛舎は、昭和36年5月に社会福祉法人として認可されました。
これまで『障がいを持たれる皆さんの幸せとは何なのか』という問いに対するひとつの答えとして、職業支援の振興により、利用者皆さまの作業工賃を少しでも高くすること、より良い環境の下で皆さまが安全・安心に生活できることを一貫した目標として今日まで運営して参りました。
そして今は、障害者総合支援法に基づき、豊かな日常生活・社会生活を送れるよう、北海道博愛舎施設職員一同一丸となって努力いたしているところでございます。
また、「人は平等であり、共生していくもの」という法人理念を職員ひとり一人が享受することにより、施設を利用されている皆さまや、施設職員の幸せに繋がるものと努めているところでございます。
どうかこれからも私たち北海道博愛舎を温かく見守っていただけますよう、心よりお願い申し上げます。

社会福祉法人 北海道博愛舎 理事長:信太 茂

作業訓練 Training

当施設では、生産活動として、クリーニングや箱折り作業などを通じて、
利用者個人の有する障がいの状況や能力、経験等に配慮した作業訓練及び支援を行っています。
各作業場所には作業訓練をサポートする職業指導員や生活支援員が配置されています。

作業訓練1
作業訓練2

年間行事 Event

博愛舎では、年間を通じて様々な行事があります。
利用者さまに年間を通じてイキイキと過ごしていただきたく、様々なイベントを開催しています。

  • 年間行事1
  • 年間行事2
  • 年間行事3
  • 年間行事4

施設紹介 Facility

Recruit 求人情報

利用者さまの笑顔を支援するお手伝い

障がいのある方と笑顔で過ごしながら、お仕事しませんか?

各施設へのご相談・求人情報の確認などお気軽にお問い合わせください